やっと出会ったコスパ(疲労対効果)抜群の山、木曽駒ケ岳!

絶景が見たい、絶景を見ながらチェアリングしたい!!そのために山に登っているので、なるべく疲労コスト少なく絶景に出会える「そこそこ」のレベル感の山を求めていましたが、昨年の燕岳先日の白馬岳を経て、ついに出会った絶景コスパ最強の山。それが木曽駒ケ岳です!

気軽に絶景=ロープウェイ!

絶景とはつまり森林限界を越えること。疲労コスト少なく森林限界にたどり着くにはロープウェイが欠かせませぬ。木曽駒ケ岳のロープウェイは日本最高標高駅で、2,612m地点にあります。車とバスとロープウェイ乗り継いだらあっさり森林限界を越えます。ロープウェイ降りたらそこはすでに絶景!

コスパがいいだけあって人気はやばい

という気軽さなので、めちゃくちゃ人気があってシーズン土日はロープウェイが2〜3時間待ちになります。ロープウェイ登ってすぐにある千畳敷カールをハイキングして帰る日帰り観光客もたくさんいます。昼くらいがピークなので午前中に登り始めたほうが良い。

スタートからどこを切り取っても絶景

ロープウェイを降りると千畳敷カール。ここから乗越浄土というところまで200mくらい登るんだけど、登りやすく整備されているし、小さい子供もたくさん登っているので、なんてことなく登れます。

1時間全然かからない。後ろを振り返ると遠くに富士山も見えるんだよね。

ほどほどに登山したらもうゴール!

最初の200m登りきればあとは尾根道をゆるゆる登ったり降りたり1時間くらいでもう頂上山荘とテント場につきます。日帰りだとあんまりゆっくりできないかもしれないけど、私は山荘泊なので余裕です。

テント泊のデビューに最適では?

今回一緒に行った仲間たちはテント泊。私は重い荷物持ちたくなかったので山荘泊にしたけど、テント道具持っててもこの距離なら全然問題なさそうなので、テント泊デビューには最適です。実際今回のメンバーの3人くらいがテント泊デビューだった。

星空最高!阿智村の近くだし!

#天の川 #木曽駒ケ岳

A post shared by Kyoko Yamagishi (@manualog) on

登山道中も絶景だったけど、星空がね、やばかったですね。なんせ日本一の星空を謳う長野県阿智村の近くなので、晴れれば満天の星空。この日も23時くらいに月が沈んでからは雲ひとつなく、天の川が肉眼で見えるほど!!

朝日も最高!

山荘から出てすぐのテント場から朝日が見えるので、朝早く起きてご来光のために薄暗い中を登らなくていい。コーヒー飲みながらゆっくり朝日が登るのを眺める。最&高!標高2,500m越えると大体朝は雲海見えてる気がする。

もうとにかくいちいち最高!

山荘から木曽駒ケ岳山頂までも標高差100mないくらいかな?この丘を登ると山頂。

気軽にさくっと登れて360度の大パノラマ!

景色さえよければどこを見てもきれいです。

下山後の温泉も最高!

下山後、車で10分くらいのところにある「こぶしの湯」という温泉施設。露天風呂があってサウナがあって露天水風呂がある。最&高!

こぶしの湯

恐怖の中央道渋滞

唯一のネガティブポイントがこれです。下山して温泉入って焼き肉食べて14時前に現地を出て、中央道渋滞にはまり東京に戻ってきたのが19時くらい。渋滞で1.5Hくらいロスしてる。スーパー懐メロプレイリストのおかげで飽きることなく帰ってこられたけど、21世紀、平成も終わるというのになぜ人は渋滞を解決できていないのだ。

旅の締めくくりにふさわしい懐メロはこちらです。

木曽駒ケ岳、季節を変えて何度でも行きたい山でした。