【待望の!】ハナノヒに2,000円代の最強プラン追加されたのでお花サブスクはこれでキマリです

サブスクで利用できるお花屋さんのサービス「ハナノヒ」。自粛期間中50%オフキャンペーンもあって利用していたんですが、キャンペーンが終了したのと夏が来たのとGOTOが始まったので止めちゃってました。

が!久々にアプリ開いたら素晴らしい改定がされていたので、即再登録しました。そして改めてハナノヒの魅力をまとめときやす!

お花の定期配達便のメリットとデメリット

私は過去3年ほど「定額で定期配達」のお花サービスをいろいろ試してきました。定期便は定額で毎月自宅にお花が届くサービスです。その内容は以下にまとめていますが、

2019年お花のサブスク(定期配達)の比較と現時点おすすめサービス

2019.05.09

定期便のメリットとしては

  • 普段自分では選ばないようなお花と出会える
  • 買いに行かなくても強制的に届くので部屋に常にお花がある状態をキープできる

一方でデメリットとしては

  • 送料がもったいない
  • ずっと同じサービスを使っていると飽きる
  • 自分の趣味と合わない花がたまに来る(赤いバラがドーン!みたいなw)
  • 配送により花が疲労する

という感じです。

当初お花の定期便を利用していたころはメリットがデメリットを上回っていたのですが、だんだんこの「普段選ばないようなお花との出会い」が減ってくるのでw,次第にデメリットを感じるようになりました。

そこで、発見したのが「自分で取りに行くお花サブスク」です!

取りに行くお花のサブスクサービス「ハナノヒ」とは

定期配達のデメリットを感じ始めた頃知ったサービス。これは月額定額でコースによって指定された金額範囲のお花を提携のお花屋さんで自分で好きに選んで持って帰れるというもの。

近所や通勤経路にあれば送料をかけない分、配達系よりもお得です。あとやっぱり「自分で選べる」のがいい・・・!

私が使い始めた2020年2月頃は4コースで、1,187円の次が3,987円とかなり差が。その中間くらいの価格設定がほしいな〜と思っていたところ、今回それを埋めてくれるプランが登場したのです!

Before(2020年11月15日までのコース・プラン)

日比谷花壇のハナノヒプラン

After(2020年11月16日以降のコース・プラン)

お花のサブスク「ハナノヒ」プラン一覧

2020年10月にプラン改定が入り2,687円のコースができました!ちょうど欲しかったちょうどいいプランが来たよぉぉぉぉぉ。感涙。

ハナノヒが使える店舗

ハナノヒは日比谷花壇系列の店舗で利用できます。各店舗でアプリを起動してQRコードを読み取って利用する感じです。

ココハナとイクハナプランは以前のイイハナプランとほぼ同様だと思うので、こんなふうに店舗では対象のお花の中から好きなものを1本選ぶというスタイルだと思われます。

お花のサブスクリプション「ハナノヒ」で選べるお花

イイハナプランの選べる切り花はこんな感じでした@日比谷花壇ヒカリエ

ハナノヒ選べるお花

WONDER FLOWERはこんな感じで選べます!

WONDER FLOWERでは3束選べる!

今回追加された2,687円のコース。毎回900円までのお花ってどんな感じなの?というと・・・。

私がよく利用するWONDER FLOWERは1束399円というワンプライスショップ。ここでは900円分で3束を受け取ることができます!

自由が丘WONDER FLOWER ハナノヒお花の種類

↑こんな感じで1束2~4本なので3束だと6〜12本。1回900円分でも十分魅力的!そして月に6回行くとなると、すでに前回もらっている自宅にある花に合わせて追加していく感じになるのでかなりのボリュームになってきます。

ちなみに3,987円のコースで1回1,300円選べた時は4束+おまけという感じでこれくらいのボリュームだったんですが、3束でも全然いいと思う!!

↓ラナンキュラス2本、チューリップ2本、フリージア3本、リキュウソウ4本。の4束

日比谷花壇ハナノヒのサクハナプラン1回分

↓チューリップ2本☓2束、ラナンキュラス2本、何らかのグリーン。

日比谷花壇ハナノヒのサクハナプラン1回分

お花の定期配達便に飽きた人や、リモートワークで自宅時間が増えた人にはめっちゃおすすめのサービスです!サービス終了しちゃったら悲しいのでみんな是非使って・・・!

ハナノヒの公式サイト:詳細はこちら