10月14日開始!新幹線3日間乗り放題きっぷで行くべきところ

JR東日本から驚愕のお得きっぷが発売されています。それが「鉄道開業150年記念 JR東日本パス」!

「鉄道開業150年記念 JR東日本パス」とは

2022年10月14日~2022年10月27日に利用できて、3日間JR東日本の新幹線を含む全列車に乗り放題で22,000円!というチケット(しかも指定席も6回まで利用できる!)

発売枚数制限はないので売り切れる心配はなさそうです。

ただし、発売期間が10/22までなので10/23〜10/27の期間で使おうとする人は注意が必要です。(なぜこんな絶妙に販売期間と利用期間をずらすのか謎だけど)

詳細はJRのHPへどうぞ
https://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2828

「鉄道開業150年記念 JR東日本パス」私ならこう使う!

あまりにもお得なので、とりあえず期間内の金曜〜日曜の期間指定でチケットを購入しておきます。該当期間だと

10/14〜10/16(金〜日)
10/21〜10/23(金〜日)

を購入し、日程が近づいてきたら天気と紅葉の状況を見てどこに行くか決める感じで。

東京から片道1,1000円のライン

3日間乗り放題で22,000円なので最低でも東京から片道11,000円以上のところに往復すればそれだけでお得。とはいえせっかく3日間乗り放題なので、新幹線乗り継いだり電車を乗り継いで2泊3日で堪能したいところです。

一応片道11,000円ラインを調べました。

東北新幹線→仙台 11600円
山形新幹線→山形 11,650円
上越新幹線→新潟 10,960円(上越新幹線は終点の新潟でも片道11,000円いかないのね)
北陸新幹線→上越妙高 9,640円(JR東日本管轄の端までいっても11,000円いかない〜)

という感じでした。これ以上遠くに行くなら往復だけで十分お得です。北陸新幹線は上越妙高までで金沢や富山にはいけないし、やっぱ東北ですな・・・。

10月中旬〜下旬で紅葉が見頃な場所

私は東北の紅葉が大好きなので毎年どこかしらに出かけていますが、とくにこの時期に行って素晴らしかったところをいくつかご紹介。

【青森】蔦沼〜十和田湖〜奥入瀬

紅葉の蔦沼

雑誌やポスターによく掲載される有名スポットですね。早朝に行ければ真っ赤に染まる紅葉が楽しめると思います。最近は早朝を狙うカメラマンが多くて入場が予約制になっているとか・・・。

紅葉の奥入瀬渓谷

紅葉の奥入瀬渓谷

蔦沼は人気過ぎて駐車場は大渋滞ですが、蔦沼が見頃ということはその周辺の名もなき森や林も同時に見頃を迎えているのでその地域一体で楽しめます。奥入瀬〜十和田湖もおすすめ。

十和田湖の紅葉

蔦沼付近の城ヶ倉大橋から見る紅葉も素晴らしかった。

城ヶ倉大橋

【岩手】八甲田

ここは行ったことなくて、今年行きたいなと思っているところ。ロープウェイでも気軽に紅葉が楽しめる(らしい)

【山形】蔵王

ロープウェイから見下ろす紅葉

蔵王は山形駅からシャトルバスが出ていて公共交通手段でも行きやすい。さらにロープウェイで紅葉の山を楽しめます。ハイキング的な散策路もあって下山後に温泉もあるしいいよね〜。

散策路にあるドッコ沼

以前行ったときのブログもよければどうぞ↓

蔵王の絶景紅葉を見て憧れの銀山温泉に泊まる女子旅〜2020年秋〜

【秋田】小安峡

ここは車がないとアクセスしづらいけど、見頃が重なればめちゃくちゃ素晴らしい紅葉が見られます。

以前行ったときのブログもよければどうぞ↓

小安峡の紅葉に秋田の本気を見た!

抱返り渓谷

バスでアクセス可能。ここと田沢湖はセットでまわるのがおすすめです。

【宮城】鳴子峡

見頃は11月上旬くらいなので今回のお得きっぷの日程だとちょっとはやいかもしれないけど。

東北は温泉もいいし食べ物も美味しいので、とりあえずチケット買って準備します!