ベッドを捨てて室内でハンモック生活3年経過。ハンモック生活の利点などまとめ

3年前に断捨離をこじらせてベッドを捨ててから、家の中でハンモック生活をしてます。最初は腰が痛くなるんじゃないかとか、ハンモックから落ちるんじゃないかとか、冬は寒くて寝られないんじゃないかとか思ってましたけど!

超快適で、むしろもうベッド生活には戻れない。

最初はなかなか人にオススメしづらかったけど今なら自信を持って言えます。

ハンモック生活、最高です。最高ポイントと3年使ったからこそわかるハンモックを買うときにここに注目してねって点をお伝えします。

ベッドの代わりにハンモックにしてよかったこと

寝心地が良い!腰痛からの開放!

最初は毎日寝るのには適していないんじゃないかとか、体バキバキになるんでは?と思ってたけど全然そんなことなくて、むしろ平らなベッドに寝るよりも自然にV字型になるので腰が痛くない!!!朝起きたときの不快感は全然なくぐっすり寝ているようです。※ハンモックってゆらゆら揺れるイメージあるんですが実際はほとんど揺れないです。

一応気になって体に悪影響ないのか接骨院の先生に聞いてみたところ、毎日ハンモックで寝ても問題はないそうです。むしろ腰が反ってる人は普通のベッドだと腰が浮いちゃって痛めるので腰が痛くないならOKとのこと。

朝起きた時の腰痛に悩んでいる人は騙されたと思ってやってみてほしい。ハンモック1万円以下で買えるから!整体に1回行ったと思ってぜひ!

省スペース

ベッドよりも圧倒的スペースの削減。自立式折りたたみハンモックなら畳んでしまえばさらに省スペース。※折り畳めるといってもまあまあ力がいるので気軽にさくっと開いたり閉じたりはできないけど。。

衛生的安心感

ベッドマットレスは洗えないのでやはり何年も使っていると衛生的に不安。でもハンモックなら洗えるし干せるし、風通しもいいし、衛生的な気がします。シーツやベッドパットを洗ったりする必要もないし。※洗いやすいハンモックについては後述

夏涼しくて快適快眠!

寝る部分がメッシュになっているものは風通しがよくて夏めっちゃ快適です。私は夏はエアコンつけずに寝たい派なんですが、ハンモックにしてからは暑くて寝苦しいってことがなくなりました。

ハンモックの課題

  1. 1人でしか寝られないw。(そのメリットもあるんですが・・・
  2. ベッドみたいにバターンと倒れ込んで寝ることができない(慎重にハンモックインしないといけない)
  3. 冬はちゃんと対策しないと寒いですw
  4. 二日酔いで揺られるのは気持ち悪い

くらいですかね。あ、あと地震が起きても気が付かなそうっていうのはあります。

ベッド代わりのハンモックを選ぶ時に注目すべきポイント

ハンモックって天井から吊るしてあるイメージがあるかもしれないですが、ネット通販で購入できる室内用のハンモックは自立式が主流です。

ハンモックの選び方:自立式ハンモック

こんな感じで金属パイプの骨組みにハンモックネットをかけて使うもので、金属土台部分は折りたたみできるものがほとんどです。

私はハンモック生活始めるときにいったんお試しだから安いのでいいかなと思って、これにしました。

室内ハンモック選び方のポイント①サイズ

だいたいの自立型ハンモックの大きさはそんなに違いはありません。たまにこういうバカでかいやつがあるのでそれだけ注意が必要ですw.

室内ハンモック選び方のポイント②重さ

私も最初は「キャンプとかアウトドアに持っていけるように軽いのがいいな!」と思って探して軽いのを買ったんですが、軽いといっても10キロ弱。気軽にキャンプとかに持っていける感じではない。のであまり気にしなくてよかった。

選び方のポイント③交換ネットの存在

これは買ったあとで気づいた重要ポイント。長く使っているとネットが伸びてきたり、最初に買った色に飽きたりします。ネットを洗濯するときにも換えがあるほうがよいので、専用の交換ネットがあったほうが良いです。

※私は交換ネットがないタイプのを買っちゃったんですが、だめもとで多少サイズも合わないゆるふわモックの↓これを買ってはめてみましたが普通に使えました。

ゆらふわモック専用ネット 単品 ゆらふわネット 自立式ハンモック専用ネット 室内でも屋外でも使える ノーマル・マルチ対応 アウトドアにもインテリアにも

選び方のポイント④ネットをはずして洗いやすさ

せっかく衛生的にもメリットのあるハンモックを選んでるので、定期的にネット丸洗いをしたくなります。そのときにネット部分を簡単にとりはずせるかどうかは超ポイント。

ネットの洗い方

ネットを洗う方法は2パターンありまして。

ハンモックネットのはずしかたと洗い方

①はどのハンモックでも簡単にはずせると思います。①を外しただけだと金具と②のプラスチックや木のパーツがあるので洗濯機でガンガン洗ったりはできません。私はお風呂の残り湯に浸けて洗って、そのままお風呂場で干します。こんな感じ

ハンモックの洗い方

洗濯機でガンガン洗ったり乾燥機かけたい!って場合は、②の部分の紐を外していきます。

ハンモックのネットのはずしかたと洗い方

この紐のはずしやすさと元に戻しやすさはハンモックによってちょっと違います。私が買ったものは比較的はずしやすい&戻しやすいんですが、ゆるふわモックは木が使われていて紐がうまく穴に入らなかったりして結構苦戦しました。注文サイトでここまで確認できないのが多いんですけどね・・。

冬の寒さをどう乗り越えたか

想像はしてたけど、10月半ばからすでに寒かった。私が買ったのはメッシュ型なので下からも冷気がくるんですよね・・・。で、まずはタオルケットをひいて下からの冷気を遮断する、寝袋に入る、さらに羽毛布団をかける、という段階をへて、快適に眠れるようになりました。

最終形態がこれw

なんか、ほぼ宙に浮いてるベッドだと思います。こんな感じで寝ている。芋虫スタイル。

ハンモックで寝る姿

寝袋はmont-bellの#4ダウンハガー(しかもかなり古い)なのでこれだけだとやはり寒い。

寝るときは、寝袋に入る→ハンモックに入る→布団をかける、というステップ。布団はテーブルクロスみたいにハンモックからはみ出す感じでかけると落ちなくて良いっぽい。

これで通年ハンモックがイケることを証明できたと思います!

もうちょっと落ち着いた色がほしいんですけどね・・・w