渋谷で働く動画嫌いのOLがyoutuberヒカルにはまった理由

いや〜まんまとハマっちまいましたw。

仕事で動画サービスに携わってた時ですら「私、動画見ないんですよね〜」を公言していた私が!

テレビも映画もほとんど見ない私が!!

ハマったのはyoutuberヒカル

一応エンタメの会社で働いているしヒカルチャンネルは登録者数もかなりの数なので、存在は知ってたよ。知っていたけど「なんかやんちゃな若者youtuberが過激なことやって再生数稼いでるやつでしょw?」くらいにしか思ってなかった。

VALUの一件もあったし、あーあの炎上youtuberねって認識。

私のイメージのyoutuberは、子供が見る頭使わない動画(ホント失礼ごめんなさい)か、とにかく再生数稼げればいいみたいな下品で低俗な動画(ホントに失礼ごめんなさい)ばかりで、一部のハウツー系動画以外は暇つぶしのコンテンツしかないと思ってた。

いやー当時の私に正座させて説教だな。

とはいえ「最近のヒカルの動画にハマるきっかけがあった」のだから当時ちゃんと動画を見ててもハマらなかったのかもしれん。

ヒカルにハマったきっかけ

最近になってyoutubeを見始めた人たちの典型的パターンだと思うけど、外出自粛が主要因です。

自粛で自宅にいる→BGMのためにyoutubeつける→たまたまカジサックのチャンネルに私の好きな華丸大吉さんがでているのを発見して見始める(カジサックチャンネルの芸人コラボトークは面白い)→カジサックとコラボしてたヒカルのチャンネルへ→ヒカルの動画がおすすめに出てくるようになる→ロコンド企画の動画からの一連のロコンドCM化プロジェクトの流れでハマるって感じでした。

つまり、ハマったきっかけの動画はロコンドでコラボシューズ売るやつ。この企画の一連のエンターテインメントが面白かった。

ロコンド社長との交渉(売れたら宮迫とヒカルで地上波TVCM出演)、実際の販売開始、サーバ落ちる、数日で4億販売、ロコンド株価高騰でストップ高、TVCM出演決定、TVCM放送、という漫画みたいなストーリーがちょうど自粛期間の1ヶ月で展開され、これをリアルタイムで体験できてものすごくワクワクした。

ロコンド田中社長への初回提案交渉の動画(動画公開と同時に販売開始)

初回販売分が3日で2億売れてCM決定した動画

さらに追加カラーが6時間で2億売れた報告動画

経済に影響与えるyoutuberすご!!

私、実はこのスニーカーまで買っちゃったもんね。。(届くの8月だけど)

ハマって分かったyoutuber ヒカルの魅力

1.カリスマyoutuberヒカル、喋りが達者すぎ!

トークが達者で小気味よい。ものすごいビッグマウスなんだけど不思議なくらい嫌味がない。同様に高速&論破キャラのメンタリストDaiGoは苦手なんだけど・・w。

そして、トークで売ってるヒカルの動画は映像のエフェクトとか効果音とかでガチャガチャごまかしてなくて見やすい。間をカットしてテロップ入れてるくらいで、youtube初心者の私もストレスなくついていけたw。

2.ヒカルの動画は「ながら聞き」に都合が良すぎ!

ヒカルの動画で私が面白いと思っているのは「トーク」なので、画面を注視する必要はなく「ながら聴き」ができるのがとても都合が良い。

洗濯しながら、料理しながら、掃除しながら、散歩しながら、筋トレしながら。ワイヤレスイヤフォンをして耳だけヒカルに集中して身体は別の作業をこなす。動画を見るためだけに時間を捻出しなくてよいのだ!

3.ヒカルはコラボ相手のいいところ引き出しすぎ!

私が好きなヒカルの「トーク」は一人しゃべりもいいのだけど、コラボトークも良い。

宮迫、明日花キララはじめ、女性youtuberとか、後輩youtuber、アーティストとか、どんな人が出てきても扱いがうまいし、私はほとんどのコラボ相手に好感を持った。

ヒカルは誰に対しても遠慮も忖度もないのが見ていて気持ち良いし、視聴者を味方につける方法も心得ているので、明日花キララコラボ1回目で低評価が溢れた後のフォローも完璧だったよ・・・。

4.24時間どこを切ってもヒカル節がぶれなすぎ!

動画まわってるときとまわってないときの差がほぼない(いやどっちも回ってるんだけどw,ドッキリとかでね)

ヒカルを見始めてから、カジサックとか他のyoutuber動画見るとテンション高すぎるオープニングがきつくなってくる(「はいどーもー今日は◯◯さんが来てくれました〜パチパチ」みたいなやつ)

ヒカルはそういう過剰な演出とか演技がないのが良い。無駄に笑わないし。

5.やることが漫画のヒーロー。いちいちカリスマすぎ!

本人いわく職業カリスマってのもだんだん納得できてきてしまうくらい、やることがいちいちカリスマじみているw。

私がヒカルにハマるきっかけとなったロコンドのプロジェクトでも、途中で宮迫さんがコンプラ的にCMに出れない状況になりかけヒカルだけで撮り直すかって時に「自分だけならCMはいらない」と言って断ったとか、「ギャラはいらないからその分を割引キャンペーンに回して盛り上げたい」と提案したりとか(どこまでリアルなのかはこの際どうでもいいんだけど)、魅せ方がエンターテインメントだよなーと思う。

ヒカルは動画の中で何度も自分が目指しているもの(ex.影響力を持ちたい、社会を動かしたい)を語っていて、聞いてると応援したくなってくるんだよなあ。。これはヒカルという主人公が勝利と栄光をつかみとるまでのリアリティーショーなんだなって思えてくる。何よりもリアル。そしてその壮大なエンターテインメントに惹き込まれていくのだ・・・。これがヒカルのチャンネルの最大の魅力なんじゃないかなと思う。

youtuber動画ありすぎて何を見るのかが難しい問題

ヒカルチャンネルには1,000本以上の動画があるので、どの動画から見るかでハマるかどうか分かれると思う。再生数上位のヒカル動画の代名詞でもある「祭りくじの闇動画」とか見ても私は全然ハマらなかった。

過激なことやってるやんちゃなyoutuberだなと思って他の動画を見ることはなかったと思う。

なので祭り動画だけで判断するのはもったいないんだけど、これだけ大量にあったら探せないよなー。

しかも、サムネ&タイトルと中身のギャップが結構あって、まさかこのタイトルサムネで、こういう内容あったのかー!みたいなのがあるのも選ぶのが難しい理由。

↓これとか、サムネとタイトルだけで判断したら私は見ないタイプの動画なんだけど、エミリンにプレゼント渡すシーンは一瞬で動画のメインはヒカル節のカリスマトークなんですよね・・・。

まとめ

いやーほんとyoutuberに対してものすごい偏見もってたんだなーと思うし、ヒカルのいろんな動画を見ていればVALUの件も本人に悪意はなかっただろうなと信じられる。(ヒカルにとっての勝利と栄光はお金ではなく影響力。あれくらいのお金のために悪事をはたらくとは到底思えない。)

というわけで、youtuberの動画は大人が見るものじゃないと思ってたけど、少なくとも見るものを間違えなければ大人が見ても十分面白いものだった!

しかも「ながら聴き」すれば新たに時間を捻出しなくていいし、毎日コンテンツ提供されるし終わりなきエンターテインメント!

みんながyoutubeにハマる理由がわかったよ・・。ありがとうヒカル・・。これからは若者たちとのyoutuberの話題に参加できるよ・・。

最後に一つ心配なことがあって、ヒカルが国税に目をつけられてないかってこと。。金持ちアピールしすぎてるから、見せしめに逮捕されないことを祈る。そして松本人志と孫正義のハイブリッドになるのを楽しみに見守ってる!!