アラフォー独身女、夜の街を徘徊する

最近、夜の街を徘徊するというルーティンを生活にとりいれたところ、めちゃくちゃ良くてQOLが爆上がりました。

「歩く」を始めたきっかけ

1回目のコロナ自粛期間(2020年4月)、張り切って月100キロ目指してランニングを開始したものの急激に走りすぎて足首を疲労骨折。それ以来運動らしい運動をしておらず、気づいたら体脂肪が8%増えていた!!

出社しないことにより毎日の通勤で消費する運動量が無くなったからと気づいたのが発端であり、友達に「ウォーキングはサステナブルだよ」と勧められたのがきっかけ。

「歩く」はスーパーサステナブル

正直ランニングは過去に何度も生活のルーティンに取り入れようとして挫折している。続かない・・。ランニングは相当なモチベーションがないと続かない・・・。

一方、歩くは負荷が軽いので「走らないといけないきついー」「走りたくないー」という気持ちになることはなく、かなり持続可能。実際1ヶ月以上経つけど薄いモチベーションでも全然続けられてる。

どこかにでかけるついでに2〜3駅歩くとかもできるし、生活に取り入れやすい。

「歩く」って効果がマイルドすぎると思ってた

ウォーキング、散歩がいいっていうのは聞いていたけど、いまいち効果が薄そうというか「走れなくなった老人の趣味」みたいなイメージがあったw。すみません。

が、、歩き始めて1ヶ月ちょっとでなんと体重が3kg減、体脂肪も3%減!!!え、すごい!!

そして「歩く」にはこれ以外にも得られるものがありました!

見知らぬ街を「歩く」の楽しい

ランニングをしていた頃は家の近くを走るのがメインだったけど、「歩く」は前後に電車を使えるので、知らない街に電車で行ってその街を1時間くらい徘徊して別の駅から乗って帰る、みたいなことが可能。

※ランニングだと汗だくで電車乗るのとかちょっと気がひけるんで・・・

浅草あたりとか、両国とか、巣鴨とか、あまり行く機会のない場所を散策するのはめちゃくちゃ楽しい。

夕暮れのスカイツリー

夕暮れのスカイツリーとか

横浜赤レンガ倉庫の夜景

横浜赤レンガ倉庫の夜景とかも

ほんとは1時間くらい歩いて知らない街の場末の居酒屋でビール一杯飲んで帰るとかができれば最高だけど、外でお酒飲めない時期に始めたのでまだそれはできていない。

巣鴨の居酒屋でノンアル1杯

それでも巣鴨の居酒屋で微アル1杯はやった

「歩く」は自由度が高い

・歩くは服装が自由
ランニングと違って普通の服と普通の靴でも歩けるから、会社帰りにそのまま「歩く」を実行できる。

・歩くは場所も自由
電車に乗って知らない街を歩くのもそうだけど、人通りが多かったり、ここで走るのは・・みたいなところも歩きなら全然いけますからね。センター街とかも余裕。

特別なアイテムが不要なので旅行先でも実行できるの良い。

・歩くは寄り道も自由
歩きながら面白そうなところをみつけたら立ち止まって写真とったり調べたりしてもいいし、お店に入ってなにか買っちゃってもいい。行動が制限されないのが超自由。

「歩く」をしながらやってること

私は歩きながらYoutubeを聞いてることが多い。音声だけで成立する系の動画を予めオフラインでDLしておいて歩きながら聞く。これによってYoutubeを見るだけの時間がなくなり、マルチタスク化できたの良い。

誰かと「歩く」のもいい

基本的には一人で歩いてるんだけど、先日久しぶりの古い友人と1時間くらい近況報告しあいながら1時間くらい歩いたのもとても良かった。1時間という時間もちょうどいいし、お店で会って話すよりも気楽。

歩いた軌跡をGoogleMapに表示

ログと可視化が大好物なので、歩いたログは全てStravaで記録。さらにそのデータをGPXで書き出してGoogleマイマップに入れて自分の歩いた軌跡を可視化!

Stravaの記録をGoogleMapに表示

東京中の道を制覇したくなりますねこれ・・・・。

「歩く」で得られたもの

というわけで、夜の街を徘徊することでかなりのメリットがありました。

  • 体重、体脂肪が改善
  • youtubeコンテンツの積ん読?が消費できる
  • 知らない街の発掘楽しい
  • 歩いた軌跡をGoogleMapに表示して「制覇していく」ゲームも楽しい

5〜6月は快適に歩けたけど、夏はどうでしょうね。暑さより蚊に刺されないようにするのが課題かも。おすすめの徘徊エリアあったら教えて下さいぜひ!