ひとりで山に登ることについて思うこと

私が山に登り始めたのは2017年。なんでもソロ派の私でも、登山だけはソロ活動はやめたほうがいいよな・・思いつつ、一人で気軽にいけないことを不自由にも感じていました。

2017年〜2019年まではグループで山に登っていたのですが2020年のコロナをきっかけにグループ旅行がしづらくなり、初めはおそるおそるですが一人で山に行き始めたんですよね。

ほんとコロナっていろんな行動や考え方を変えるきっかけをくれたなあ。。

そして今はもうほぼ一人でしか登らない、ソロ登山派になりました。

ソロ登山のメリット

自分のペース、力量にあった登山計画が可能

グループ登山時は私以外全員男子というグループ(4人〜6人)で登っていたので、彼らのペースに合わせるのが結構しんどかった。もちろん私に気を使ってはくれるものの、こちらも気を使わせるのが申し訳ないからがんばってついていかなきゃみたいな登り方に。

その点ソロの場合は完全に自分のペースで登れる。同じ山を登ってもきつさが全然違う!

自分の判断だけで行動を変えられる

私は登頂を特に目指してないのと、登るのが目的ではなく「素晴らしい景色を見る」のが目的なので、天気崩れそうだなと思ったら途中でも下山するし、今日は登らなくていいかって計画を変更しちゃう。

せっかくきたのに〜みたいな気持ちはあまりないのだけど、グループだと一人で勝手に行動を変えられないのでね・・。

登山中誰とも喋らないので体力が温存されるw

登りながら会話ってめっちゃしんどいんですよね。。一人だとそれがないので疲れない気がする。。ちなみに私は「寂しい」という感情が欠落しているので寂しさは全くない。

ちゃんと自分で計画を立てる

今思えばグループ登山時は登山計画も自分で立てていなかったし、かなり人任せになっていたと思う。一人の時は事前の調査もしっかりするし、ルートもYoutubeを見て頭に叩き込む。

ソロ登山のデメリット

登山口までの交通問題

登山口までタクシーで行かないといけない山がある。グループだと割り勘できるけど一人だと片道5,000円負担とかあるからねえ・・・。

荷物分担問題

調理器具とか貸し借りができないので全部自分でかつぐことになる。2人登山とかだとテント泊もしやすいんだろうな〜とは思うけど、いまのところテント泊の欲はないので大丈夫。

自分が写った写真がない問題

ひとりで自撮りもしないんでね。これはしょうがないけど、一人だと「写真撮ってください」って頼まれることも多く(ひとりでフラフラしてるからw)、撮ってあげたあとにたいてい「撮りましょうか?」と言われて撮ってもらうのでなんとか数枚は写真が残る。

万が一のときの発見通報遅れ問題

万が一滑落したり転んで頭を打った、みたいな時にグループならすぐ気づいて通報してもらえるけどソロの場合はそうもいかない。

なので、私はなるべく登山客の少なくない山や登山道を選ぶ。あとココヘリとかそういうGPS通報系を完備する。

単独登山は危険なのか?

今になって思う「単独登山は本当に危険なのか?」ですが、「ちゃんと計画を立てて慎重に行動できるなら、無茶する人や気を使ってしまう人とパーティ組んでいくよりは安全」だと思います。

私はかすり傷ですまないリスクにはめちゃくちゃ慎重なので、気候条件がいい時にしか登らない、とかスケジュールもかなりバッファ込にするタイプなのでね。

ヤマケイ登山学校 山のリスクマネジメント

ヤマケイ登山学校 山のリスクマネジメント

2,420円(04/22 16:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

とはいえ多分あと10年くらいで登山はやめて山を眺める幸せにシフトする予定です。

ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山

ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山

月山 もも
1,540円(04/22 18:59時点)
Amazonの情報を掲載しています