長岡の花火大会は思っていたより気軽にいける花火だった!

仕事の関係で初めて長岡の花火をみて衝撃を受け、来年は絶対にプライベートで来るぞと心に誓った昨年。

だけど、日本三大花火だし、めっちゃ人多くて観覧場所も宿泊も新幹線も取れなくて大変なんじゃないの??って思ってた。

そんな私が今年プライベートで実際に2日間行ってみて分かったのは「思ってたより意外と気軽にいけるじゃん」ってこと。サマソニとかカウントダウンジャパンとかコミケに比べたら遥かに楽!!これを読んで気軽に長岡花火に行く人が増えれば幸いです。主に東京から新幹線で行く勢向けです。

会場はどれくらい混んでいるのか?

長岡花火大会は「有料観覧席」というものをかなり広範囲にとっています。というか「花火会場」と言われている部分はほとんどが有料観覧席です。

大手大橋、長生橋、土手、川、で4辺を囲まれた地域が全部有料観覧席なので、有料観覧チケットがないとエリアに入れません。観覧席チケットを持ってる人しか入らないエリアなので、会場内の通路が大渋滞で歩けないとか、道端でシート敷いて通行を妨げてる人がいるなんてことがなく、とても整然としています。しかも、有料観覧エリアも結構余裕をもって作られているので、窮屈感が全然ない!!昼間から場所取りする必要もない!優雅に楽しむには有料チケットは必須です。

右岸ベンチ席はこんな感じです

仮説トイレもそこそこある

有料観覧チケットは手に入るのか?

意外と普通に手に入ります。事前にネット抽選に応募できるんだけど、何人かで手分けして応募したら全部当選したw。あと当日券もあったみたいです。ちなみにベンチ席は1席3,000円。マス席は18,000円で6人まで入場可。

何時に着けば打ち上げ開始に間に合うのか?

長岡駅から会場までは普通に歩いて20~25分。ピークタイムが18時半〜くらいだと思うのだけど、それくらいの時間でも「人が多すぎて全然進めない」ってことはないです。会場(有料観覧席エリア)に行く道は幾つかに枝分かれしていて、どこも普通のスピードで歩けます。

これは8/3の18:30くらいの会場に向かう大通りの様子

なので、19:20の打ち上げ開始に着席して余裕持って間に合う長岡駅到着時間は18:30くらいかなと。(会社半休でいけるんです!

長岡駅に向かう新幹線の指定席はとれるのか?

長岡花火の2日間はかなりの本数の臨時新幹線がでます。通常ダイヤの新幹線は1ヶ月前に予約開始するのでその時点で予約できればベストですが、その後に大量の臨時便が発表されるのでその臨時便を予約してもいいと思います。(ちなみに、長岡着16:30くらいの東京発新幹線の指定席は当日の昼にもとれました。)

花火終了後、会場から長岡駅まではどれくらいかかるか?

花火の打ち上げ終了がだいたい21:10くらい。21:00前くらいからぼちぼち帰り始める人達がでます。全て終わってから動き出して(右岸ベンチ席から)駅までそんなに早足ではなく歩いて30分〜40分くらいという感じでした。

こんな感じで普通に歩けるくらい

駅前の大通りは車両通行止めになっていて、駅への整列入場がされています。

  • 新幹線自由席新潟方面行き
  • 新幹線自由席東京方面行き
  • 新幹線指定席(新潟も東京も一緒)
  • 在来線

に分かれていて、21:45くらいで一番列が長かったのは、新幹線自由席新潟行き。指定席を持っていると専用レーンで入場ができてスムーズ。JRの方のオペレーションも完璧。ここも「並んで待つ」という時間はなく、列はどんどん流れて駅について数分でホームまで入ることができました。ただ、自由席新潟行きの人たちはかなり列になっていたぽいのと、在来線は明らかに入場制限っぽい感じになっていた。

東京から日帰りは可能なのか?

長岡から東京への最終新幹線は21:58発。これに乗れば東京からの日帰りもできます。私は会場右岸ベンチ席を21:15に出て駅で缶ビールとおつまみを買って、最終便に間に合いました。(会社半休でいけるんです!!

新潟市内の宿泊施設状況はどうなのか?

翌日に余裕がある人は、新潟泊も良いと思います。長岡→新潟便は本数も多く、遅くまであるので、会場をゆっくり出て間に合います。

市内の宿泊施設は繁忙期価格になってるところが多いですが、予約取れなくはないです。ビジネスホテルは直前になってキャンセルも結構でるみたいで、1ヶ月前に満室ばかりで絶望してても、1週間くらい前に見たらぽっと空いてる時があるし。

動員100万人という数字にビビるべからず

公式発表では2日間で100万人超えとのことですが、「会場に来ている人」以外に、家のベランダから見てる人、とかもカウントされている(らしい)ので、「めっちゃ混んでそう」のイメージはあくまでもイメージですw。少なくともコミケよりは混んでいないと思う。

注意しないといけないこと

右岸の西陽やばい

陽が沈む19時くらいまで右岸側は太陽に向かうことになり、日差しがやばいです。花火は夜だからとあなどらずに帽子とサングラスが必要です。

会場に飲食の販売はなし

有料観覧席エリアにはほとんど飲食ブースがありません。おかげでとても綺麗なんですがビールや枝豆は会場までの大通りで買っておいたほうが良いです。

というわけで、思っていたよりずっとホスピタリティあふれる花火大会で、一度行ったら絶対に翌年も、翌々年も行きたくなるはずです。なぜなら私がそうだからw。

最後にド素人の私が撮った写真。これ、まじで生で見る感動の1000分の1くらいですからね?!

尺玉クラスがバンバンあがる

息ができないくらいの光彩

 幅2kmにわたって打ち上がる「フェニックス」!

来年はマス席を買ってみんなを招待したい!