メルカリカウルのおかげで本を読むハードルが下がったよ

紙の本を買うと場所とるし、ブックオフは買い取り価格が安過ぎて持って行く気にもならないし、かといって捨てるのは気がひけるので、ここ数年は電子書籍で買いがちだったんだけど、本とCD/DVDの専用アプリ「メルカリカウル」のおかげでまたリアル本を気軽に買えるようになった。

新刊は買って読んですぐ売れば、10-20%オフくらいですぐに売れる。1400円で買ってさくっと読んで送料込み1200円で売る、みたいな感じ。

発売後1~2カ月はそんな感じで、人気のものは4カ月たっても30%オフくらいで売れる。

発送も本ならクリックポストで全国一律164円で送れるし、長らくシステム障害でコンビニ受付を停止している「ゆうゆうメルカリ便」の「ゆうパケット」が復活すれば宛名書いたりする手間なく175円で送れるのでめっちゃ簡単!(早く復活してくれ・・・!)

おかげでガンガン買ってガンガン読んでガンガン売るループができた。

あと、私は買った後に積ん読にしがちなので、買ったららすぐにメルカリカウルに出品。落札されたら発送期限までに自分を追い込んで読む。空港で買った本が着陸時には売れていたこともあった。

本を売るということは著者の方に1円も入らないのでとても罪悪感はあるのだが、買った人がその著者のファンになって次回は書店で新刊を買ってくれることを祈っている・・・!