休日の昼間に読書するならカフェではなく居酒屋カウンターへ

休日の昼間にカフェで読書を嗜むことが多いのだけど、最近はどこのカフェも本当に混んでいる。満席で入れなかったり、窮屈だったり、周りが意識高そうすぎて全然落ち着かない。。でも家じゃないところで集中して本を読みたいよ〜という私が最近見つけた解決策。

昼間からあいてる居酒屋のカウンターで飲みながら読む

これはなかなか良いソリューションだった。まず、休日昼間の居酒屋はたいてい空いている。1人でカウンターで飲んでいるおじさんが数人いるくらい。ここでビールと冷奴とポテトサラダ、蒸し鶏みたいなメニューで2-3時間は過ごせる。お会計は2,000円もいかない。おしゃれなバル的なのじゃなくて「THE 居酒屋」ね。ビールは399円でポテトサラダ390円みたいな。客層(ってもほとんど人いないけど)もおしゃれカフェみたいにキラキラしていないので落ち着く・・・。

セレクトする居酒屋はなるべく1Fで外の光が入ってくるお店が良い。暗いと退廃的な気分になるし昼間から飲んでいる優越感に浸りづらい。そもそも暗いと本が読めないし。

というわけで、今年は昼飲み読書できるお店を開拓していこうと思います。